logo

S造の圧倒的な強み

S造とは、鉄骨を利用した施工法で、RC造やSRC造よりも軽量でしなやかなことが特徴です。 耐久性にも優れており、軽量なため高層の建物にも利用されることが多く、短い期間での施工か可能となる施工法となっています。 ここでは、坂本鉄工建設が提供するS造をご紹介していきます。

なぜS造を利用することが良いのか

まず、S造を利用するメリットを見ていきましょう。 S造以外には、一般的な施工方法として、鉄筋コンクリートを利用するRCや、鉄骨鉄筋コンクリートを利用するSRC造などがありますが、S造は、鉄骨を利用する施工方法です。 その他の施工方法と比べ、軽量で耐久性があるため、しなやかであることが特徴と言えるでしょう。 さらに、コンクリートを利用しないために軽量となっていますが、木造よりも耐久性に優れており、地震の多い日本においては利用するべき施工法と言えるでしょう。

S造の特徴

次に、S造の特徴をご紹介いたします。

軽量化が図れる

S造の特徴のひとつに、軽量化が図れるというものがあります。 これは、鉄筋コンクリートのようにコンクリートを用いていないため、その重さは軽く、しなやかなのが特徴です。 全体の軽量化が図れることや、安価で購入することができるため、大きなビルや広い施設などで利用されることが多くなっています。

耐久性に優れている

鉄骨には、元々しなやかさや、粘り強さなどが特徴となっている素材なため、鉄骨鉄筋コンクリートなどにも利用されている鉄筋ですが、そのほか耐久性にも優れています。 鉄骨造には地震の揺れを大きく感じるという部分がありますが、地震は強く、コンクリートが無い分、鉄骨が揺れを吸収してくれます。 また、鉄骨は弾力性もあり、しなやかというのも特徴の一つです

コストが安価

S造はその他の施工法と比べて安価ということが特徴の一つです。 鉄骨の費用を抑えることができるということは、その分住宅に掛かる費用を抑えることに繋がるため、通常よりも安価に住宅が建てられるということになります。

坂本鉄工建設の強み

坂本鉄工建設が提供するS造施工の強みとしては、これまでの実績として、坂本鉄工建設が得意とする建築施工がS造による施工ということです。 これまで、数多くの施工をしてきましたが、中でもS造の施工を得意としており、特に狭い空間での鉄骨工事は 、他社に負けないノウハウを持っており、安全かつ効率的に施工を進めることが可能です。 わたしたちは、RCやSRCよりもS造の施工を一番の得意分野としています。

S造が得意とする施工

S造が得意とする施工には、様々なタイプのものがありますが、S造で利用する鉄骨の特徴を考えると、高層の建物や、体育館などの大きな施設の場合に優れていると言えるでしょう。 その理由としては、鉄骨が持つ特徴を最大限利用できるというもので、鉄骨はしなやかで耐久性が強く、安価ということから、多くの鉄骨を利用する高層の建物や広い施設において、コストを下げることが可能であり、 地震などに強いため高層の建築物には向いていると言えるでしょう。