logo

当社の強み

わたしたち坂本鉄工建設は、昭和48年に創立した老舗の建設会社です。
S造(鉄骨造)を得意としている建設会社で、一級建築士や一級建築施工管理技士、一級土木施工管理技士を保有しているスタッフが所属する安心・安全な企業です。
わたしたちの強みは、安価での施工が可能であるということ・基礎から手掛けていることなどがあり、お客様に安心・安全に住める家づくりをご提供しています。

マージンカットにより安価

【大手企業に依頼する場合】

一般的に、大手企業の建設会社に依頼をすると、大手企業から下請け業者に依頼し、その下請け業者から孫請け業者にさらに依頼し、そこから職人へと仕事が流れていきます。
そのため、大手企業を通す場合、多くの企業が下請けや孫請けを通すため、中間マージンが発生し、結果的にお客様の負担が大きくなります。
わたしたち坂本鉄工建設は、下請け業者や孫請け業者に仕事を渡すことが無いため、中間マージンによるコスト増はありません。
お客様 大手企業 下請け業者 孫請け業者 職人そのため、大手企業や他社様の見積もりよりも低い費用で施工することが可能です。

【わたしたちの場合】

わたしたちは、下請け業者や孫請け業者に丸投げするようなことはなく、協力会社と共に「協力して」施工をしており、そのとりまとめ役となることで、お客様に掛かる費用の負担を軽減することを実現しています。

基礎から管理している

わたしたちは、ただ費用が安いというわけではなく、40年以上の実績を持つ老舗の建築会社となるため、建築に関するノウハウや信頼を強みとしています。
わたしたちがこれまでに培ってきた経験から、施工をするにあたって、鉄骨工事の基礎から管理しているため、高品質の施工を提供しています。
中間マージンだけ搾取するような企業とは違い、ワンストップで鉄骨工事に関する業務を承っているため、安心してご利用いただくことが可能です。

狭小住宅についても可能

狭小住宅とは、その名の通り狭い住宅ということになりますが、日本では珍しい住宅ではありません。
日本は島国で土地も限られているため、アメリカのように広大な土地に一軒家を建てることよりも、住宅が集まる地域に土地を購入し、その土地の中で住宅を作っていくことが一般的です。
そのような場合、狭い土地でも快適に住めるようにするため、狭小住宅というものが存在します。
狭小住宅は、一般の住宅と比べて技術が必要となり、小さな住宅の中でいかに快適に過ごしていただくか、収
納やデザインなどの工夫が必要です。
そのため、狭小住宅を建てるためにはそれなりの費用が発生しますが、費用を抑えた狭小住宅の施工を可能にしているのが、わたしたち坂本鉄工建設です。

営業しながら改修工事が可能

一般住宅では、家が出来上がるまでには、これまで住んでいた家に住むことや、別のアパートなどを借りて住むことが多いですが、工場や倉庫などの場合には、稼働を止めてしまうとそれだけ売上や利益が減ってしまいますので、稼働しながら改修工事などを行うことが求められます。
このような工場や倉庫においても、営業(稼働)しながら、その中で建て直しや改修工事をすることが可能となっています。
工事の際に出る粉塵などを出さないようにするなど、細心の注意を払って工事を進めています。